これからの省エネ住宅 スマートハウス

スマートハウスとは

高気密・高断熱に創エネをプラス

スマートハウスとは、家庭内の使用電力を監視して省エネルギー化を目的とした家のこと。家庭で使用するエネルギーを最適に制御する装置を組み込んだ、未来が今になる、新しい省エネ住宅です。

昨今のエネルギー多消費型の暮らしでは、従来の断熱・発電技術を取り入れた高省エネ住宅も、その性能だけでは十分にエネルギー消費を補うことができません。太陽光発電だけでは実現できない、高効率なエネルギーの使い方をも考えた賢い省エネ住宅。それがスマートハウスです。

基本は住宅躯体の高断熱・高気密を図る設計と施工。そこに『断熱性能・気密性能を向上させた家づくり』+『効率的な住宅設備』+『創エネ設備』をプラスし、その相互作用によってトータルな省エネルギーサイクルを実現します。

HEMS

エネルギーマネジメントを行うIT機器(情報技術)を使って、家庭内のエネルギー消費が最適になるよう制御します。PCやスマホ、タブレットなどで、いつでもどこでもエネルギーチェックが可能になり、エネルギーの使用状況を「見える化」することによって、ご家族の節電意識も高まります。

さらにヒートポンプ技術を利用した電気給湯器や太陽光発電などの再生可能エネルギーと家電をネットワークで結び、住まいのエネルギー管理を最適化することでCO2の排出を削減。家計にも環境にも優しい、新しい住宅のあり方をご提案します。

太陽光発電システム

太陽光発電システム

太陽光発電でエネルギーを自給自足。使わなかった余剰電力は電力会社に売電して家計を助けます。

太陽光発電について

蓄電システム

蓄電システム

太陽光で発電した電気をリチウムイオン蓄電装置に蓄えます。停電時にも緊急用として使用できます。

蓄電システムについて

トップランナー基準

トップランナー基準

次世代省エネ住宅の基準となる「等級4」を満たす外壁や窓などを装備し、ゼロエネルギー住宅を目指します。

省エネ住宅ポイントについて

エネルギーの無駄をなくす5つのポイント

  1. 断熱

    ① 断熱

    戸建て住宅では、次世代省エネルギーレベルに近い断熱性能を持って初めて、普通のマンションに近い断熱性能を確保できます。サーモスボトルの中の飲み物が長時間、温かさや冷たさをキープできるように、建物全面への外気の影響を抑えれば、夏涼しく、冬暖かい、快適な住まいとなります。

  2. ヒートブリッジ

    ② ヒートブリッジ

    外壁と内壁の間にある柱などが熱を伝える現象をヒートブリッジ(熱橋)と言います。外気温が室内に伝わってくるため熱効率が悪くなり、結露の原因にもなると言われています。高性能断熱材・外壁断熱の活用や、断熱材の充填ムラを無くすことによって熱効率を高めることができます。

  3. 最適な窓

    ③ 最適な窓

    窓は断熱、採光の点において重要な要素です。窓部分が多ければ外気温の影響が大きくなり、少なければ室内が暗くなります。また、普通の窓は表面が冷たくなり、冷やされた空気は下へいくため足元が冷えます。各部屋に最適なサイズと性能の窓を採用すれば、熱損失が少なく、足元が冷えない室内を保てます。

  4. 気密性

    ④ 気密性

    戸建て住宅がマンションより暑い・寒いと感じやすいのは、気密性の低さが原因です。開口部が少なく外壁の厚いマンションに比べて建物全面が外気に影響されやすいため、戸建て住宅の省エネルギー化のためには断熱性能を高める高気密性が不可欠です。

  5. 24時間換気システム

    ⑤ 24時間換気システム

    室内の空気の汚れは、住宅の高気密性と相反する問題です。24時間換気システムにより、熱エネルギーのロスを最小限に抑えつつ、常に屋外から取り入れた新鮮な空気を循環させ、断熱率の高い高気密性能と住む人にやさしい家づくりを両立させます。